次の記事:ワールドファームが破産へ 負債32億円超

5歳児、違法ケシ発見 茨城・東海 草花好き、瞬時に判別

栽培が禁止されているアツミゲシ(手前)を見つけた大曽根諒ちゃん=9日、東海村舟石川
栽培が禁止されているアツミゲシ(手前)を見つけた大曽根諒ちゃん=9日、東海村舟石川


茨城県東海村舟石川の村道沿いに「あへん法」で栽培が禁止されているアツミゲシが咲いているのを、同村の保育園児、大曽根諒ちゃん(5)が見つけた。草花が大好きで、車窓から見ただけで瞬時に判別。「危険な花が身近に咲いていてびっくりした」と話した。県ひたちなか保健所職員が13日までに全て抜き取った。

アツミゲシは地中海沿岸原産。麻薬の原料となるモルヒネを含有しているため、同法で栽培などが禁止されている。

父親の泰人さん(36)によると、諒ちゃんは保育園帰りの今月8日午後6時ごろ、泰人さん運転の車から外を見ていた際、沿道に咲く薄紫色の花を発見。瞬時に「アツミゲシだ」と叫んだ。

諒ちゃんは「図鑑を見て覚えていたので、すぐに分かった」と話した。泰人さんは「走行中の車内から一瞬で見つけるとは」と驚いた様子で語った。

諒ちゃんは、泰人さんと散歩するたびに見かけた植物を図鑑で調べる大の草花好き。中でも、ヒガンバナなど毒を持つ植物が咲かせる花に興味があるという。

県薬務課によると、アツミゲシは村道沿い一帯に83本生えており、連絡を受けて10日夕方に抜き取った。

県は昨年1年間で、133カ所で計9675本の違法なケシを確認。違法でないケシと見分けることは難しいため、同課は「違和感や怪しいと思ったら最寄りの保健所へ連絡してほしい」と呼びかけている。



最近の記事

茨城の求人情報

「電気工事施工管理職募集」東京支社電設部/営業所や建設現場での電気工事施工管理 【川北電気工業株式会社】
 エリア:茨城県
雇用形態:
  給与:

【仕事内容】<職種>施工管理>電気設備施工管理 <業種>建設>設備・電気 会員属性などに応じ、当該求人をビズリーチ上で閲覧された際に内容が異なる場合があります <当社について> 当社は「街に光と力を」をコンセプトに、屋内線工事の領域で電気設備の施工・メンテナンス等を行い、より良い社会づくりに貢献しています。 空間を演出する照明や、快適に保つ空調、情報のやり取りに不可欠な通信。電気工事は建物に...

スポンサー:求人ボックス

全国・世界のニュース