次の記事:ラーメン店経営のメイホウ商事 破産手続き開始決定 負債1億1600万円

土浦さつきまつり 丹精込め育てたサツキ約50点並ぶ 茨城

色鮮やかななサツキが並んだ展示会場=土浦市大畑
色鮮やかななサツキが並んだ展示会場=土浦市大畑


色鮮やかなサツキの鉢植えが並ぶ「土浦さつきまつり」の審査会が23日、茨城県土浦市内で開かれた。土浦皐月会(海老原一郎会長)の会員10人が丹精込めて育てたサツキ約50点を出品。27日まで同市大畑のエコス新治店センターコート1階で展示される。

サツキは、木の大きさや飾り方によって大品、中品、小品、盆養などの部門に分かれ、同県つくば市の筑南さつき会の入江正明さんが審査を担当。各部門の最優等などを決めた。

土浦皐月会事務局によると、サツキの品種は約5千種類。会場ではさまざまな形の赤やピンク、白などの花が咲き誇り、期間中はサツキや山野草などの販売会も開かれる。海老原会長は「今回も見事な花を咲かせている。たくさんの人に見てもらいたい」と来場を呼びかけている。



最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース