次の記事:5歳児、違法ケシ発見 草花好き、瞬時に判別

茨城空港でビジネスジェット初運航 試乗会 羽田まで30分

茨城空港に初めて到着したビジネスジェット=小美玉市与沢
茨城空港に初めて到着したビジネスジェット=小美玉市与沢


茨城空港(茨城県小美玉市)で発着が解禁されたビジネスジェット(BJ)が25日、初めて運航された。旅行会社の試乗会として企画され、羽田空港との間を片道約30分で結んだ。試乗した経営者たちは「ストレスなく快適に移動できる」と利点を強調。運航業者は利用拡大の鍵に、専用の動線や施設整備などによる利用者の待遇向上を挙げた。

企業や富裕層が商用目的で使用するBJは、移動時間を大幅に短縮でき、発着時間や目的地を自由に調整できる強みを持つ。茨城空港では昨年10月、民間機の発着枠を原則1時間1着陸としてきたルールが緩和され、BJ乗り入れが可能となった。

試乗会は、茨城周辺のビジネス客らのBJ需要を見込む「スカイトレック」(東京)が25、26日の両日で計6往復を企画した。使用したジェット機「サイテーションC510マスタング」は定員4人で、時速約700キロ、航行距離約千キロ。料金は130万~160万円台で、2時間以内の移動需要に対応できるという。

第1便は午前9時40分ごろに羽田を出発し、同10時15分ごろに茨城に到着。初めてBJを利用した経営者3人が利便性や効率性を確かめた。

東京都世田谷区、生駒龍史さん(38)は「空港の手続きや待機時間がないことも含め、快適の一言に尽きる」と絶賛。福岡市、立川智子さん(51)は「(機内を)プライベート空間と見立て、移動しながら商談の場として使う予定だ」と話した。

スカイトレックの永堀敬太社長(43)は、茨城空港について「関東第三の拠点」と位置付け、需要拡大に期待する一方、滑走路と空港設備を直接結ぶ通路や休憩所など、専用の動線や設備が充実した海外と比較し、「県や関係機関と協議を進めたい」と話した。

茨城県はBJも含めた民間機の就航や増便を図るため、空港機能拡大の必要性や時期、規模などを示す「将来ビジョン」を2024年度にまとめたい考え。専門家や関係機関による検討会を今夏にも開く方針だ。



最近の記事

茨城の求人情報

ゴルフ場内レストランの調理スタッフ 【ザ・ロイヤルゴルフクラブ】
 エリア:茨城県
雇用形態:正社員
  給与:月給22万円~40万円

【仕事内容】名門ゴルフクラブレストランの調理スタッフ 賞与2.6ヶ月分 調理経験を活かして即戦力としてご活躍を! 洋食を中心に、地元の食材を使い手作りにこだわった丁寧なお料理づくりをお願いします。 チームの一員として、最高のレストランを一緒に創り上げていきましょう! ~ 『ザ・ロイヤルゴルフクラブ』とは ~ 世界に名だたるコースにも引けをとらない美しさとセッティングを実現。 ゴルフプレーはもち...

スポンサー:求人ボックス

全国・世界のニュース