次の記事:5歳児、違法ケシ発見 草花好き、瞬時に判別

偕楽園 梅の実落とし 8日、先着1000人に販売 茨城・水戸

偕楽園で始まった「梅の実落とし」=水戸市常磐町
偕楽園で始まった「梅の実落とし」=水戸市常磐町


梅の名所として知られる茨城県水戸市の偕楽園で6日、恒例の梅の実落としが始まった。作業員が竹ざおを使って枝を揺らし、落ちた青梅を次々と籠に詰めていった。

偕楽園公園センター(同市見川)によると、今年は2月の気温が高く、梅の開花時期が例年より約2週間早かった。そのため、受粉を促す昆虫の活動時期と重ならず、豊作だった昨年に比べて実の付きが少ないという。

収穫した青梅は8日午前8時から、同センターで整理券を配布し、1キロ200円で先着千人に販売される。



最近の記事

茨城の求人情報

電気工事士/工場や倉庫などの電気設備の設置工事/家賃補助あり 【株式会社平沼電設】
 エリア:茨城県
雇用形態:正社員
  給与:月給25万円~

【仕事内容】茨城県鉾田市を拠点に電気工事を行ってます。 病院や工場、倉庫、店舗などをメインに、基本的な電気配線の工事や照明、受変電設備工事など電気工事全般に対応しています。 業務内容も図面の製図から実際の施工、メンテナンスと業務は幅広いです。 <仕事内容> 個人住宅から工場や倉庫、店舗など様々な現場におけるキュービクル~照明までの工事を対応 (受変電設備、菅、配線、照明までを対応) 現場が新築...

スポンサー:求人ボックス

全国・世界のニュース