次の記事:ラーメン店経営のメイホウ商事 破産手続き開始決定 負債1億1600万円

茨城シニアアマダブルスゴルフ 大沢・堀江組V

優勝した大沢信行・堀江英樹組(左から)=静ヒルズCC
優勝した大沢信行・堀江英樹組(左から)=静ヒルズCC


第20回茨城シニアアマチュアダブルスオープンゴルフ選手権(茨城新聞社主催)は9日、茨城県常陸大宮市の静ヒルズカントリークラブ(6321ヤード、パー72)で行われ、大沢信行(水戸)・堀江英樹(那珂)組が11アンダー61で初優勝を飾った。

89組が出場。2人がティーショットを打ち、2打目以降は1打ごとにいずれかのボールを選択して打つスクランブル方式で競った。

同組は前半のインを30で折り返し、後半のアウトも31にまとめ、18ホール中12ホールでバーディーを記録した。表彰式で大沢は「2人の息が合い、優勝できた」、堀江は「来年は連覇したい」とそれぞれ喜びを語った。




【PR】私が触れた「マジック」-木内幸男さんをしのんで (電子書籍)

最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース