【エンタメ総合】
最上もが、第1子出産後初の公の場「これからも自分らしく」

最上もが(C)ORICON NewS inc.
 タレントの最上もが(32)が12日、都内で行われたLIFULL『しなきゃ、なんてない。』アワード2021に出席。今年5月1日に第1子女児出産を報告してから初の公の場となり「出産してから初めてなので緊張しています…」と語るも、満面の笑みを見せていた。



【動画】第1子出産を祝福され笑顔を見せる最上もが



 さらに「どれが正解か模索しながら生きてきた」とし「これからも自分らしくやっていきたいです」と話していた。



 また、この日のイベントにはメイプル超合金も出席。最上は「お二人がいてよかったです。ひとりだったらなにも話せなかったです」といい、カズレーザーと安藤なつは「あらためておめでとうございます!」と祝福。最上も「ありがとうございます!」と笑顔を振りまいた。



 最上は2011年12月にでんぱ組.incに加入し、2017年8月に脱退。昨年11月、妊娠を発表するとともに「今のところ結婚の予定は御座いません」と明かしていた。



 LIFULLでは、多様な人の多様な生き方をサポートしたいという思いから「しなきゃ、なんてない。」というメッセージを2018年から掲げている。今年5月からは、あらゆる人々の背中を押すことを目指し、社会課題が解決された未来を描いた新CMの放映がスタートしている。



関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース