【その他】
【東京五輪】卓球混合ダブルス・水谷隼&伊藤美誠ペア、金メダル「全てのリベンジができた」「最後まで楽しかった」

(左から)水谷隼選手、伊藤美誠選手 (C)ORICON NewS inc.
 【東京五輪/卓球混合ダブルス】(26日、東京体育館)



【写真】『東京2020』オリンピックメダルデザイン



 水谷隼・伊藤美誠ペアが26日、東京体育館で行われた卓球混合ダブルスの決勝で許昕・劉詩ブンペア(中国)と対戦し、4-3(5-11、7-11、11-8、11-9、11-9、6-11、11-6)で勝利。金メダルを獲得した。



 直後のインタビューで、水谷は「中国という国に、今までたくさんオリンピック、世界卓球で負けてきて、この東京オリンピックで全てのリベンジができた」と満面の笑みを浮かべた。伊藤も「すんごくうれしいです。皆さんの、日本代表選手、スタッフさんの応援だったりとか、最後まで諦めずにできた。最後まで楽しかったです」と声を弾ませた。



 ゲームのポイントについて、水谷は「3ゲーム目を取れたことによって、僕らのチームに流れがきました」と冷静に分析。伊藤は「すご楽しくミックスダブルスを終えられたので、シングルスに気持ちを切り替えて明日に備えたいと思います」と早くも次を見据えていた。

関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース