【その他】
【東京五輪】競泳女子200メートル個人メドレー・大橋悠依が金メダル「後悔はないと言えるよう泳ごうと」 400に続き2冠達成

『東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会』エンブレム (C)Tokyo 2020
 【東京五輪/競泳女子200メートル個人メドレー決勝】(28日、東京アクアティクスセンター)



【写真】金メダル獲得!2冠を達成した大橋悠依選手



 大橋悠依(25)が競泳女子200メートル個人メドレー決勝に出場し、2分08秒52で金メダルを獲得した。



 直後のインタビューで大橋は「正直すごい接戦になると思っていた。最後、体が止まっちゃっていたが、何とかふんばれた」とレースを振り返り、「女子で2冠は初めてなのですごくうれしいです」とにっこり。「最後勝っても負けても何も後悔はないと言えるよう泳ごうと思った。それが良かったかなと思います」と声を弾ませた。



 400メートル個人メドレーに続き2冠を達成したことについて「本当にまだ夢みたいで、全然実感が無いんですけど、この大舞台で自分の泳ぎができたのはすごく自信になる。いろんな人に迷惑をかけたが少しは返せたかなと思います」と笑顔で語った。

関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース