【エンタメ総合】
近藤千尋「仕事なくなったら芸人と結婚」 14歳“制服美女”に仰天アドバイス

近藤千尋 (C)ORICON NewS inc.
 モデルの近藤千尋が17日、都内で行われた制服が似合うNo.1ティーンを決めるオーディション『JAPAN SCHOOL UNIFORM GRAN-PRIX 2021』発表会に特別審査員として出席。グランプリを獲得した栃木出身の中学2年生・山本梨愛さん(やまもと・りな/14)へ、仰天アドバイスを送った。



【イベント写真】日本一“制服が似合う”10代美女が決定



 応募総数1352人の中で頂点に立った山本さんは、「トンボ学生服」のスクールウェアモデルとして1年間起用されるほか、芸能事務所・エイジアプロモーションへの所属が決定。グランプリ決定の瞬間、「まさか私がグランプリに選んでいただけると思ってなかったので本当にうれしいです」と感無量の表情を浮かべた。



 近藤も「王道のかわいさ。誰が見てもかわいい。制服がとびきり似合う」と絶賛。先輩として芸能界を生き抜く秘訣を問われると「私は結婚をしてからお仕事が増えた。ちょっと仕事がないなと困ったら芸人さんと結婚したらいいと思います。芸能界が全てじゃないっていう、軽い気持ちで考えたらいいと思う」と自らの境遇を引き合いに出し、ジョークを交えながら助言した。



 グランプリのほか、準グランプリに福岡出身の高校1年生・陣野小和さん(じんの・こわ/15)、審査員特別賞に愛知出身の中学3年生・古沢わつらふさん(14)、大阪出身の高校3年生・植松優音さん(うえまつ・ゆらら/18)が選出。特別審査員として益若つばさ、近藤千尋、田中杏奈が参加した。

関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース