【経済・トレンド】
ダイソー新業態2号店が新宿アルタにオープン、「Standard Products」に“メイド イン ジャパン”の名品が続々

本日開店の「Standard Products 新宿アルタ店」外観
 今年3月、渋谷マークシティに1号店をオープンしたダイソー(大創産業)の新業態『Standard Products by DAISO(スタンダードプロダクツ バイ ダイソー)』。その2号店として、新宿アルタの1階に初の路面店『Standard Products 新宿アルタ店』が本日開店。



【画像】「おしゃれで使いやすい!」関市の包丁、ウイスキー樽のスモークチップ、デザイン性抜群の食器…オススメの新商品を公開



 『Standard Products』では、「ちょっといいのが、ずっといい。」をコンセプトとし、性別や年齢を問わない、ベーシックで洗練されたデザインに特化した生活雑貨ブランド。アイテムは330円を中心に110円~1,100円の価格帯で提供される。



 新宿アルタ店では売り場面積が1号店の1.5倍となり、約2,000アイテムの豊富な品揃えからゆったりと買い物を楽しめるのが特長だ。



 同店のオープンにあわせて新商品も登場し、一部が先行販売中。なかには1号店の開店時に予想を上回る人気で売り切れが続いた「オーガニックコットンタオル」(330~770円)の秋冬カラーや、デザイン性の高さと使い勝手の良さで根強い人気を誇る「食器」も、モノトーンカラーの新色を展開する。



 また、人気商品の新潟県燕市で生産される「カトラリー」に続き、「メイド イン ジャパン」にこだわった新商品もラインナップ。岐阜県関市で生産された「包丁」(キッチンナイフ、パン切りナイフ、ペティナイフ)は、柄の部分も国産の木材を使用。そのほか、高知県の「四万十ヒノキ」を使用した天然成分100%の精油(全6種)に、国産の木材やウイスキー樽を再利用した「スモークチップ」(全3種)など、国内の森林保全や林業の成長への貢献を目指す商品も、1号店に引き続き展開している。



 同店では、オープン特典として24日までの期間中、1,650円以上の購入でオリジナルステッカーをプレゼントするキャンペーンを実施中(各日 先着1,000名)。



 価格は全て税込み表示。『Standard Products 新宿アルタ店』は、本日グランドオープン。営業時間 11時~20時30分(新型コロナウイルス感染拡大防止のため変更の場合有り)、休業日は新宿アルタに準じる。

関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース