【エンタメ総合】
ラランド・ニシダ、交際相手の自宅からリモートで会見「彼女、こっちにいます」 サーヤは会場でコンビ間格差

ラランド(左から)ニシダ、サーヤ (C)ORICON NewS inc.
 お笑いコンビ・ラランドが26日、東京・よしもと有楽町シアターで開催された“とにかく面白いひとり芸日本一”を決める『R-1グランプリ2022』の『やります会見』に参加した。



【写真】上着を被り…不思議な表情&雰囲気のラランド・サーヤ



 一人で会見会場に登場したサーヤは、リモートで参加している144人の芸人の中にニシダがいることを暴露。MCの霜降り明星が「ウソだろ」と驚くと、大画面に映し出されたニシダは「なんで呼んでくれないんですか?」とボヤキながらも「理由が2つあると思う。1つは相方が文春に突撃されて話題性があること。2つ目に考えられるとしたら、前回、俺が1回戦で負けているから」と自己分析。粗品が「そっちやろ、お前。早すぎるやろ」とツッコミを入れると、せいやは「ラランドの知名度で1回戦って…。何やったん?」と苦笑いだった。



 さらに、サーヤは「(リモートを)女の家からやってますね。女の家からR-1の会見に出てます」と爆弾を投下し、ニシダは「彼女の家です。彼女、こっちにいます」と悪びれもなく話していた。



 最後にサーヤは「前回、初めて出場して準々決勝まで行った。ニシダの仕事量が私の12分の1。なにもしてないのに、さらば青春の光の東ブクロさんと全く同じ仕事量。現場に行くと森田さんと私なんです。ここで、さらに差をつけたい」と宣言。挑発されたニシダだったが「彼女いるんで大丈夫です」とさらっと返し、せいやから「ほんなら、一生売れへんわ」とあきれられていた。



 2002年より開催してきた同大会も来年で20回目という節目を迎える。今年の出場資格は昨年に引き続き「プロは芸歴10年以内であること」「アマチュアは、R-1への出場が今回で10回目以内であること」に。優勝賞金も500万円となる。



 会見では、そのほか、エルフ荒川、お見送り芸人しんいち、kento fukaya、ZAZY、しゅんしゅんクリニックP、高田ぽる子、マツモトクラブ、森本サイダー、やす子、吉住らフレッシュな顔ぶれが会見に参加し、意気込みを語っていた。



 応募期間は、きょう26日から12月24日まで。12月26日から予選がスタートし、決勝戦の模様は来春、カンテレ・フジテレビ系全国ネットで生放送を予定している。

関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース