【その他】
『本当に住みやすい街大賞2022』辻堂が1位 駅前再開発が高評価

『本当に住みやすい街大賞2022』辻堂が1位に (C)ORICON NewS inc.
 住宅ローン専門金融機関のアルヒのデータを基に住宅専門家が選定した1都3県の『本当に住みやすい街大賞2022』が7日に発表され、神奈川・辻堂が1位を獲得した。2位は川口(埼玉)、3位は多摩境(東京)がランクインした。



【一覧表】昨年は…川口が初の2年連続1位!『本当に住みやすい街2021』TOP10



 同社は、1都3県でARUHIの住宅ローン利用者の融資実行件数(2019年8月~2020年7月まで)を町名単位で集計。これらのデータを基に、住環境・交通の利便性・教育&文化環境・コストパフォーマンス・発展性の5つの基準を設定し、住宅や不動産の専門家が参画する選定委員会による公平な審査のもと“本当に住みやすい街“を選定している。



 1位となった辻堂について、同社は「駅前再開発により、買い物、教育、医療施設が充実、海岸も近く、家族で余暇を楽しめる環境も整っている」と評価。この日に行われたイベントには、朝日奈央、ハナコ(菊田竜大、秋山寛貴、岡部大)が登壇した。



■『本当に住みやすい街大賞2022』トップ10

1位:辻堂

2位:川口

3位:多摩境

4位:大泉学園

5位:海浜幕張

6位:たまプラーザ

7位:花小金井

8位:月島

9位:船堀

10位:新秋津

関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース