【エンタメ総合】
大泉洋、“映画監督”劇団ひとりを語る 東京でのブレイク&TEAM NACS結成秘話にオードリー興味津々

『あちこちオードリー』に劇団ひとり&大泉洋が出演(C)テレビ東京
 お笑い芸人の劇団ひとりと俳優の大泉洋が、8日放送のテレビ東京系トークバラエティー『あちこちオードリー』(毎週水曜 後11:06)に出演。バラエティーでは見せない“映画監督”としての劇団ひとりの顔や、大泉の東京でのブレイクのきっかけなどが語られる。



【写真】『あちこちオードリー』もう一度観たい売れっ子&レジェンドが登場



 Netflixで公開の話題の映画『浅草キッド』でメガホンをとった劇団ひとりと、ビートたけしの師匠・深見千三郎を演じた大泉。劇団ひとりの映画監督デビュー作『青天の霹靂』でも主演を務めた大泉は、監督しての劇団ひとりについて語り、共に映画を作ってきた二人の絆が明らかになる。



 劇団ひとりは大泉の俳優としての魅力を熱弁。さらに、大泉が東京でブレイクしたきっかけや、TEAM NACS結成秘話、そして現在の関係性も激白する。日頃の不満や、大泉の異常な食へのこだわりなど、普段は聞けない話にオードリーも興味津々となる。



 なお、同番組のDVD「ライターにすげぇ観られたくないSP」「イージーとハードの狭間SP」「ラジオじゃねえんだぞSP」の3巻が15日に同時発売される。

関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース