【映画】
山田涼介主演『ハガレン』を原作者・荒川弘が絶賛「全編見どころばかり」

映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』(C)2022 荒川弘/SQUARE ENIX(C)2022 映画「鋼の錬金術師2&3」製作委員会
 人気グループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演する、映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』の公式YouTubeにて全5回で配信されている「『鋼の錬金術師』PERFECT GUIDE」。23日午後7時から配信される第5回『#5 LAST TRANSMUTATION』では主人公・エド役の山田がナレーションを担当し、原作者・荒川弘氏が選ぶ見どころBEST3を発表する。あわせて、エドと仲間たちのオフショットも解禁された。



【動画】『鋼の錬金術師』完結編見どころ紹介



 一足先に本編を試写した原作者の荒川氏は、「ジェットコースターに乗っているみたいでした。感動するシーンがつながっていて全編見どころばかりでした」と興奮が伝わるコメント。エドのキャラクターを完璧に再現した山田を絶賛し「気持ちよく終われて本当によかった」と原作の最後まで描き切った完結編に感動の声を寄せている。



 荒川氏が見どころの一つに挙げているクライマックスでは、エドとラスボス“お父様”の最終決戦が描かれる。山田自身も思い入れが深いと語るこのシーンの撮影は、エドの父・ホーエンハイム&“お父様”役の内野聖陽と綿密に相談しながら進められ、今回そんな2人の息ぴったりな撮影風景を捉えたメイキングとインタビュー映像も公開。



 山田は内野の役作りに、その再現度の高さに驚くと共に「内野さん側から提案してくださったのですごく助かりました」と、学ぶことも多かったという。内野も「山田さんは非常にしなやかで、中性的な魅力のある方なので色っぽかった」と“俳優・山田涼介”を称賛するなど、まるで映画さながら本当の親子のような信頼関係がうかがえる。



 映像の最後では、完全な存在となった“お父様”によって、絶体絶命のピンチに陥ったエドたちと、エドにすべての希望を託した弟・アルが決死の錬成をしようとする、最終決戦での兄弟の決断が描かれる重要なシーンを解禁。さらに、本田翼演じるウィンリィ含め、幼なじみ3人の思いが重なる感動のラストにも注目だ。



関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース