【エンタメ総合】
サバンナ高橋「これはグランプリ穫るわ」 梅田で“究極のカレーアワード”連覇の名店を発見

29日放送『今ちゃんの「実は…」』に出演するサバンナ・高橋茂雄(C)ABCテレビ
 お笑いコンビ・サバンナが、きょう29日放送のABCテレビ『今ちゃんの「実は…」』(毎週水曜 後11:17 ※関西ローカル)に出演し、大阪駅周辺のオンリーワングルメをリポートする。



【グルメ写真】卵の黄身とあわせるのが関西流 サバンナ高橋絶賛の究極カレー



 視聴者からの情報をもとにJR環状線のグルメをめぐる「銭湯中心の環状線No.1グルメタウン決定戦!」の「大阪駅」後編。超激戦区とあって駅周辺に人気店がひしめくなか、名店を目指す。



 1軒目は、常連が「ほかには絶対ない!」と激推しする“イリュージョン鍋”を使った鶏の鉄板鍋が自慢の店。興味津々のサバンナの2人だが、いくら説明を聞いてもその姿が想像できず「もう行って見るわ!」と直撃。すると、高橋茂雄が「マジのジューシー!」とうなる事態に。鉄板焼き鳥と鍋料理の同時攻撃で、まさにイリュージョンのようなオリジナル鍋の全ぼうが明らかになる。



 続く2軒目は、関西のグルメブロガーたちが選ぶ「究極のカレーアワード」で2年連続グランプリに輝いたカレーの名店へ。オススメのキーマカレーに高橋も「これはグランプリ獲るわ」と太鼓判。カレー愛がハンパない店主と弟子が二人三脚で作っているというが、先日、仲良し師弟関係に影を落とす一大事があっという。



 店のイベントで創作カレーの師弟対決を行ったところ、客の投票で弟子が圧勝し、面目丸つぶれの師匠はリベンジの機会を狙っているという。そこで、サバンナを審査員に師弟がリベンジマッチを急きょ開催。師匠はエビをぜいたくに使った欧風カレー、弟子はインドの本格派スパイスを駆使したエスニックなカレーで勝負する。

関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース