【映画】
橋本環奈、福田監督の変顔要求にも慣れ「もうバグっちゃって(笑)」 「人間の限界値」とクレームも

映画『ブラックナイトパレード』レッドカーペットに登場した橋本環奈 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の橋本環奈が4日、都内で行われた映画『ブラックナイトパレード』(23日公開)レッドカーペットパレードに登場した。共演した吉沢亮、中川大志、渡邊圭祐、玉木宏、福田雄一監督とともに、本物のトナカイと一緒にレッドカーペットを歩き、ファンに笑顔を振りまいた。



【動画】笑顔で見つめ合う場面も…交際報道後初公の場に登場した橋本環奈&中川大志



 今作で最高ランクの変顔をしていると紹介された橋本だが「ちょっと私もうバグっちゃって、どれがすごくて、どれがすごくないかが分からない(笑)」といい、福田監督の作品に多数出演したことでの“慣れ”を明かした。



 さらに「毎回福田さんの作品に出るたびに顔が崩れている気がします」と言い「毛穴とかまで広げている気がして、終わって調整します」と苦笑。「口角下げてとかあんまり言われない。もっと目を開ける、もっと鼻を開けるとか、人間の限界値まで戦っている気がします」とクレームを入れつつ、「あごが外れそうになりながらも頑張ってよかった」と本作への思いを語った。



 同映画は、『聖☆おにいさん』の作者・中村光の同名漫画を福田監督が実写化。受験失敗・就活失敗・彼女無し、何をやってもダメな情けない男が迷い込んだ、世にも奇妙なサンタのお仕事を描く。クリスマスを裏で運営するサンタクロースハウスで“ブラックサンタ”として働く主人公・日野三春を吉沢、同じくブラックサンタとして働く同僚の北条志乃を橋本、田中カイザーを中川、古平鉄平を渡邊が演じる。

関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース