【映画】
主演&プロデューサーの大沢たかお『沈黙の艦隊』実写映画化に感慨 原作者はオファー時に「なんと無謀な」

Amazon Original映画『沈黙の艦隊』会見に出席した(左から)大沢たかお、かわぐちかいじ氏(C)ORICON NewS inc.
 Prime Videoは25日、都内で会見を行い、かわぐちかいじ氏の人気漫画『沈黙の艦隊』の実写版映画を大沢たかお主演で製作し、9月29日から全国の東宝系にて劇場公開すると発表した。会見には大沢、かわぐち氏らも出席し、思いを語った。



【写真】大沢たかお主演!人気漫画の実写版映画『沈黙の艦隊』ビジュアル



 同作は、漫画家のかわぐち氏によって、1988年から96年まで週刊漫画雑誌『モーニング』(講談社)にて連載され、累計発行部数3200万部(紙・電子)を誇る。物語は、日本初の原子力潜水艦が、日米共同で極秘裏に建造されたことから始まる。乗員は日本人でありながら、米艦隊所属という数奇の宿命を背負った超高性能原潜。艦長・海江田四郎(大沢)は、この原潜と乗員76人を伴い航海中に逃亡する。理想とする世界の実現へ向けて海江田が描いた大胆不敵なシナリオと、海中での天才的な戦闘術に、日米は翻ろうされ、重大な決断と選択を迫られることになる。



 核戦争や国際政治、世界平和など、鋭くも、重く真摯な問題提起がなされ、連載当時には各方面で論争を呼び、国会でも話題になるなど社会現象を起こした。大沢が、主人公の艦長・海江田四郎を演じ、同作のファンであることから、防衛省・海上自衛隊との協力体制の構築や、原作者のかわぐち氏へ企画プレゼンを行うなど、自ら本作のプロデュースも務める。



 この日の会見で、かわぐち氏は「自分は漫画を描く時に、読者にわかりやすいようにリアルな画を描いています。念頭に置くのは、絶対に実写映画にできないものを描こうと思っているのですが、最初にオファーがきた時に、なんと無謀なと思いました」と笑顔を浮かべて告白。「テーマとスケールにおいて、絶対に実写化できないと思っていました。ある種の、チャレンジする爽快感を覚え、今は早く出来上がったものを見てみたいという気持ちです」と声を弾ませた。



 一方の大沢も「先生がおっしゃる通り、果たしてこれはできるのだろうかという疑問から入ったのですが、みなさんの力がどんどん集結する中で、ファンタジーではなくて実現するんじゃないかと。実際に撮影が始まっているのですが、自分自身でも不思議というか、半ばあきらめながらやっていたものだったので、きょうここに立っているものも信じられないことです」としみじみ。「先生と最初お会いした時も、ほぼ疑いの目でしか見ていないなという印象だったので、これは頑張らないといけないなと感じました」と笑わせていた。



 監督は昨年劇場公開された『ハケンアニメ!』で数々の受賞を果たした今注目の吉野耕平氏、制作は、映画『キングダム』シリーズや『銀魂』シリーズなど、ヒット作を数多く手がけるクレデウスが担当する。さらに、日本で初めて海上自衛隊・潜水艦部隊の映画撮影協力を得て、実際の潜水艦を使用しており、リアルな艦体と、現代のVFX技術との融合により、迫力の海中アクション・エンターテインメントを制作する。

関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース