【音楽】
【グラミー賞】初受賞の宅見将典、日米音楽業界に謝意「両方にお礼を述べたいです」

第65回グラミー賞「最優秀グローバル・ミュージック・アルバム」を受賞したMasa Takumiこと宅見将典 (C)Masa Takumi:Getty Images


 米音楽界最高峰の祭典『第65回グラミー賞』授賞式が5日(日本時間6日)、ロサンゼルスのクリプトドットコム・アリーナ(旧ステープルズ・センター)で開催され、昨年9月に発表した『Sakura』で「最優秀グローバル・ミュージック・アルバム」受賞した日本人インストゥルメンタルアーティスト・Masa Takumiこと宅見将典(44)の現地でのコメントが到着した。



【写真】第65回グラミー賞で「最優秀グローバル・ミュージック・アルバム」を受賞



 自己紹介を求められた宅見は「僕はインディペンデント・アーティスト・プロデューサーです。これは僕のソロ・インストゥルメンタル・アルバムです」とあいさつ。「僕は日本の音楽業界に育てていただきました。そしてその後、アメリカの音楽業界が僕を歓迎してくれたんです。ですから、日本の音楽業界とアメリカの音楽業界の両方にお礼を述べたいです。本当にありがとうございます」と感謝を伝えた。



 2018年5月に亡くなった歌手・西城秀樹さんのおいにあたる宅見は、Masa Takumi名義でSly & Robbie and The Jam Mastersのメンバーとして参加したレゲエ・アルバムが第56回・57回のグラミー賞にノミネートされた経験を持つが、今回初受賞。日本では作編曲家として、西城さんの楽曲のほか、EXILE、AAA、DA PUMPの作曲などを手がけてきた。



 きょう6日午後10時からWOWOWライブで字幕版を放送。

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース