【映画】
シーナ&ロケッツ鮎川誠さんの孫・唯子さん「キラキラしていた」 密着ドキュメンタリー上映に家族の思い

『シーナ&ロケッツ 鮎川誠と家族が見た夢』舞台あいさつに登壇した鮎川誠さんの孫・唯子さん (C)ORICON NewS inc.


 1月29日に74歳で膵臓がんのため死去した、シーナ&ロケッツ・鮎川誠さんの密着ドキュメンタリー『シーナ&ロケッツ 鮎川誠と家族が見た夢』が19日、都内で開催された『TBSドキュメンタリー映画祭2023』で上映され、舞台あいさつには、画家の長女・陽子、シーナ&ロケッツのマネージャーを務めている次女・純子、ルーシーこと三女・知慧子、孫・唯子さん、寺井到監督が登壇した。



【集合ショット】黒の革ジャンでそろった鮎川誠さんの娘たち&お孫さん



 はじめに、寺井監督は観客に「大勢の方にご覧いただけてうれしい」と伝えつつ、「鮎川さんはもともと地元の憧れの人で、シーナさんが亡くなったときに追悼番組も作らせていただいた」と回顧。撮影は去年の2月から始まっていたとのことで、「取材にかこつけて、また鮎川さんにお会いしたかったんです。その後病気がわかって、亡くなられたんですが、そういうタイミングで取材できたことも、今となっては縁があったのではないかと感じる」と吐露した。



 そんな監督に対し、陽子は「両親のやってきた音楽とかを映画にまとめていただいて、最後までロックを貫いたお父さんの姿を収めていただいた」と喜び、知慧子は「今日この場に立っているのは、本当なら鮎川誠本人だった」と惜しみながらも、「寺井監督はもう何年にもわたってライブを一緒に回ってくれて、こうして熱のこもった作品を作ってくださった」と感謝した。



 純子は「昔の映像からついこの間のライブまで収められていて、どのシーンも胸がいっぱいになる」とし、時折言葉をつまらせながら、「うまく言えないんですけど、形になってうれしいです」と思いを語った。



 そして、孫の唯子さんは、偉大なロックギタリストとしての姿と、優しいおじいちゃんとしての姿を間近で見てきた。そんな鮎川さんについて「とても輝いていて、キラキラしていた。誰から見てもロックでかっこいい。私にもみんなにも優しくて、笑顔でロックをしている人です」と笑顔で話し、「いつもみんな家族でツアーに行って、思い出もたくさんできた」と振り返りながら、「ロックは最高って気持ちでうれしく思っています」と映画の感想もしっかりと伝えた。



 鮎川さんは1948年5月2日生まれ、福岡県出身。ロックバンド、シーナ&ザ・ロケッツのギタリスト。黒いサングラスをトレードマークに、日本を代表するギタリストとして活躍。「涙のハイウェイ」でデビュー。79年に「ユー・メイ・ドリーム」がヒット。妻は同バンドのボーカルを担当し、2015年に死去したシーナさん。



 公私にわたるパートナーを失った鮎川さんは、バンドとしてそれまで以上にライブ活動に力を入れた。「ステージに立つとシーナがそこにいるから」という鮎川さんを、次女の純子がマネージャーとして支え、末娘のルーシーがボーカルを務めた。



 昨年5月に膵臓がんが発覚するも一切公表せず、45周年記念ライブの開催や47都道府県ツアー、沖縄・宮古島でのライブ、ロンドンナイトのクリスマスなど、精力的なライブ活動を続け、今年1月29日に永眠した。

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

エステティシャン/経験者/日立店 【ジェイエステティック 日立店 株式会社ザ・フォウルビ】
 エリア:茨城県
雇用形態:アルバイト・パート
  給与:時給1,100円

【仕事内容】美を追求して46年の実績ある女性専用サロン「 ジェイエステ 」で、美肌脱毛や美顔(フェイシャルエステ)、痩身(ボディエステ)等のお手入れや美容のアドバイスをして頂きます。 入社後の研修を経て、まずは脱毛を希望するお客様を中心に担当。その後一人ひとりに合わせたペースで、フェイシャル、痩身…とトータルに施術を行えるよう、スキルを習得していきましょう! 産休育休制度では9割以上が職場...

スポンサー:求人ボックス

全国・世界のニュース