【エンタメ総合】
日向坂46“4期生の逸材”藤嶌果歩&正源司陽子、『マガジン』初表紙でとびきりスマイル!

『週刊少年マガジン』26号表紙を飾る日向坂46・正源司陽子&藤嶌果歩


 アイドルグループ・日向坂46の4期生の藤嶌果歩と正源司陽子が、5月31日発売の『週刊少年マガジン』26号(講談社)の表紙&巻頭グラビアに登場。人気急上昇の2人の逸材が、太陽系最強のポテンシャルを発揮した。



【別カット】溢れる透明感…見つめ合い手をつなぐ正源司陽子&藤嶌果歩



 応募者数5万人を超えるオーディションを勝ち抜き、昨年9月に日向坂46に加入した4期生。先日開催された横浜スタジアムのデビュー4周年記念ライブ『4回目のひな誕祭』では、日向坂46全体としては初めての「声出しOKライブ」で大きな声援を浴びた。



 そんな注目の4期生から、今回は4期生曲「シーラカンス」でセンターとフロントに抜てきされた藤嶌と正源司が『マガジン』カバーに登場。とびきりの笑顔がまぶしい2人、その仲良しぶりを見たら、うらやましいやら、うっとりしちゃうやら。さらに、話題のスポット「チームラボプラネッツTOKYO」でも幻想的に撮り下ろした。



 同号の巻頭カラー漫画は、てれびアニメ第2期と劇場版の制作が決定した『ブルーロック』。



【写真】撮影:HIROKAZU スタイリング:優哉 ヘアメイク:平松浩幸、渋谷絵里奈 デザイン:坂上和也(banjo) 撮影協力:「チームラボプラネッツTOKYO DMM.com」豊洲・東京(C)チームラボ

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース