【エンタメ総合】
『犬と屑』倉悠貴×三原羽衣×中村嶺亜の“不穏”で“美しい”ビジュアル公開 長月翠が連ドラ初レギュラー

MBSドラマ特区『犬と屑』メインビジュアル(C)朝賀庵/講談社/「犬と屑」製作委員会・MBS


 俳優の倉悠貴が主演するMBSドラマ特区『犬と屑』(毎週木曜 深0:59※6月8日スタート)の本予告映像とポスタービジュアルが解禁された。また追加キャストとして石川瑠華、長月翠、植村颯太の出演、オープニング主題歌としてユトレヒト「泣き虫シュレディンガー」、エンディング主題歌として二ノ宮はぐ「Liar Life」の起用も発表された。



【動画】複雑に絡み合う三角関係…『犬と屑』本予告公開



 今作は2021年6月に『ヤングマガジン』で連載をスタートした朝賀庵氏の人気漫画を実写化。20代半ばにして「成功体験」が無く、自分に自信がない“真面目だけが取り柄”の主人公・桜庭陽真(倉)、容姿端麗、スポーツ万能で成績も良い完璧な幼なじみの犬飼秀司(中村嶺亜/7 MEN 侍・ジャニーズJr.)、陽真は高校時代に憧れていた美女で秀司の妻・麗香(三原羽衣)が織りなす凄絶ラブサスペンス。



 陽真の職場に転職してきた後輩・鴨下善子(かもした・よしこ)役に石川、犬飼秀司や麗香の高校の後輩で2人を理想のカップルとして推している、白兎未夢(しらと・みゆ)役に長月が連ドラ初レギュラー出演。しして未夢の幼なじみで、秀司や麗香の後輩・糸魚川海(いといがわ・かい)役に植村が決定した。全員なにかしらの“闇”を抱えたキャラクターたちによる愛、嫉妬、憎しみが複雑に絡み合う。



 また“不穏さ”漂う、ポスタービジュアルも解禁。主人公・陽真を手なずけるように、犬飼麗香と秀司が陽真の肩に手を添え、美しくもどこか尋常ではない空気がかもし出される。高校時代に憧れていた“幼なじみの妻”と、犬のように自分を扱ってきた因縁の“幼なじみ”、さえない主人公の3人の関係性がよく現れたビジュアルに仕上がった。そして第1話放送を来週に控え、予告映像も配信されている。



■キャストトコメント



▼石川瑠華

鴨下善子を演じさせていただきます、石川瑠華です。

『犬と屑』の世界の登場人物たちは、外見や行動こそ派手ですが、内面や心の部分はとても身近に感じられました。善子のような人はきっと現実の世界でもどこかに存在しているんだと思います。

自分自身よりも何か絶対的に大事なものを得てしまった善子の放つ弱く微(かす)かだけれどみえる光に私は惹かれました。『犬と屑』の世界で生きられること、とても楽しみにしています。



▼長月翠

白兎未夢を演じさせていただく長月翠です。

今回私は、連ドラに初めてレギュラー出演させていただきます。

お話をいただけた時はとてもうれしかったです!原作の世界観を大切に、観てくださる皆さんがこの作品を大好きになってくれるよう、自分らしく精いっぱい頑張ります!



▼植村颯太

今回、糸魚川海を演じさせていただく事になりました植村颯太です!

台本を読ませて頂いてすごく面白いストーリーですぐ世界観に入りました。人生いろいろあるなーと良い意味で思いました。海はみんなを支える立ち位置というかキーとなる人物だと思うので大切に海を演じようと思います!

現場では楽しくコミュニケーションを大切にして撮影に挑みたいなと思います。よろしくお願いします!



■主題歌アーティストコメント



▼ユトレヒト コメント

はじめまして、ユトレヒトです。『犬と屑』のOP主題歌担当、大変うれしく思います。原作を読んで、愛憎がパズルのように噛み合う予想外の展開に目が離せなくなりました。「泣き虫シュレディンガー」は、失った愛への執着とあきらめ、その悲痛な二律背反を歌っています。愛に捉われて苦悩する彼らに、この曲が寄り添えていたらうれしいです。



▼二ノ宮はぐ

この度は『犬と屑』という素敵な作品に関わることができ、大変光栄に思います。

過去も、抱えきれない程の愛も憎しみも消すことはできないけれど、心はどんな形であれ「幸せ」を願う…そのようなどうしようもなさを吐き出すような気持ちで歌いました。

『Liar Life』が作品の世界観に更なる深みを添えることができれば幸いです。

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース