【アニメ】
『葬送のフリーレン』新キャラのザイン役は中村悠一 第13話あらすじ&場面カット公開

テレビアニメ『葬送のフリーレン』場面カット (C)山田鐘人・アベツカサ/小学館/「葬送のフリーレン」製作委員会


 テレビアニメ『葬送のフリーレン』第13話のあらすじ&場面カットが公開された。あわせて追加キャストが発表され、ザイン役は中村悠一が担当する。



【画像】かっこいい!新キャラのザイン 公開された設定画



 ザインは12月1日放送の第13話「同族嫌悪」から登場。北側諸国アルト森林の村の教会で出会った、神父の弟・ザイン。治癒の難しい毒をいとも簡単に解毒する彼の高度な魔法を目の当たりにし、フリーレンは驚く。聞くと、ザインはかつて冒険者を夢見ていたが、旅に出ることなく、村にとどまっているという。ザインの兄は彼を連れ出してほしいと頼み…。



 僧侶として天性の才を持つ一方で、酒やタバコ、ギャンブル好きという面もあるギャップも印象的で、読者からの人気も高いザインが、フリーレンたちとどのような物語を繰り広げるのか期待が高まる。



 同作は、2020年4月より『週刊少年サンデー』にて連載中の同名漫画が原作で、魔王を倒した勇者一行のその後を描く“後日譚ファンタジー”。魔法使いのエルフ・フリーレンが、勇者亡き後の世界で、新しい仲間達と共に新たな冒険を繰り広げるストーリーとなっている。



 “魔王討伐後”という斬新な時系列で展開する、胸に刺さるドラマやセリフ、魔法や剣による戦い、思わず笑ってしまうユーモアなど、キャラクターたちが織り成す物語が多くの読者を獲得。「マンガ大賞2021」で大賞を受賞した人気作品で、コミックスは累計1100万部を突破している。



 テレビアニメは2024年3月まで連続2クールで放送される。

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース