【エンタメ総合】
赤楚衛二、転機となった朝ドラを振り返る 『舞いあがれ!』は「本当に宝物のような作品」

『第52回ベストドレッサー賞』授賞式に出席した赤楚衛二 (C)ORICON NewS inc.


 俳優の赤楚衛二(29)がファッション性や話題性に富んだ人に贈られる日本メンズファッション協会主催『第52回 ベストドレッサー賞』の芸能部門を受賞し、29日に都内で行われた発表・授賞式に出席した。



【全身ショット】シックなブラックスーツで登場した赤楚衛二



 赤楚は、シックなブラックスーツで登場し「デビューが21歳なんですけど、29歳で8年目になりました。こうしてベストドレッサー賞という歴史ある賞をいただいて大変、光栄に思います」と笑顔を見せた。



 赤楚は、3月まで放送されたNHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』で福原遥演じるヒロイン・梅津(岩倉)舞の、夫となった梅津貴司を演じた。歌人役だったが「僕自身も割とそういう気質を持ってまして。小説を読むことで、自分との、自身との対話で、その答えを探していくっていう過程は、よくやっていました。貴司が、歌を作る苦しみだったりとか、悩みっていうものをとことん突き詰めていく過程っていうのは、とても僕は共感しながらやらせていただきました」と振り返った。



 転換期となる役だった。「10代から30代後半まで、半年間も演じさせていただくの初めてでしたし、何より朝ドラは、本当にたくさんの皆様方が見てくださっていたので、僕の中では本当に宝物のような作品になりました」としみじみと口にした。



 30歳を目前にした心境も。「まだわからないところも多々あるんですが、やっぱりまだ10年も経っていないので、本当にお芝居の道としてはまだまだこれからだと思いつつ。30代。本当に僕、いろんなお世話になってる先輩方がいるので、そういう先輩たちのようにカッコいい男になれたらなと思います」と目標を語る。最後は「僕自身、今回ヒゲを生やすのも初めてですし、割と今までの『こういうイメージだろうな』っていうのを裏切っていきつつも、やっぱり僕といえばこういう作品だよなっていうような代表作を作っていけるようになれたらなと思います」と夢を語っていた。



 そのほか、政治・経済部門をスターバックス コーヒー ジャパンの水口貴文氏、学術・文化部門を建築家の隈研吾氏、芸能・スポーツ部門を俳優の赤楚衛二、川口春奈、スポーツ部門を2023WBC日本代表監督の栗山英樹、特別賞をノーベル平和賞受賞者世界サミット副会長の伊藤玄聖が受賞した。

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

打ちっぱなし使い放題/ゴルフ場のコース管理/週払いOK/高収入/交通費支給/シフト制 【株式会社イデアルスタッフ】
 エリア:茨城県
雇用形態:派遣社員
  給与:時給1,260円

【仕事内容】<仕事内容> ゴルフ場でのコース管理業務 芝や植木のカット、 バンカーやカップ切りなどをお任せします! ー <イチオシポイント>ー 広く綺麗なゴルフ場での勤務になります 昼休憩の間は打ちっぱなしで練習し放題! ゴルフ好きにはたまらない環境です 現在、20代/30代/40代など幅広い世代が活躍中! ー 【対象となる方】経験・年齢・資格一切不問!! ブランクがある方も歓迎します!...

スポンサー:求人ボックス

全国・世界のニュース