【映画】
橋本愛主演、映画『熱のあとに』刺し殺されそうになるホスト役で水上恒司が出演 公開日決定

橋本愛主演『熱のあとに』2024年2月2日より、新宿武蔵野館、渋谷シネクイントほか全国公開決定(C)2024 Nekojarashi/BittersEnd/Hitsukisha


 俳優の橋本愛が主演、仲野太賀、木竜麻生が共演する映画『熱のあとに』(監督:山本英)の公開日が来年(2024年)2月2日に決定し、メインビジュアルが解禁となった。あせて、そのほかの出演者も発表された。



【画像】重い役を演じた反動?髪を赤く染めた橋本愛



 同映画は、愛したホスト・隼人を刺し殺そうとした過去を持つ主人公の沙苗(橋本)が、服役後、お見合いで出会った健太(仲野)と結婚。一見平穏に見える2人の結婚生活だったが、そこに足立(木竜)という謎めいた女性が隣人として現れたことで、運命の歯車が狂い始める。足立が抱える秘密、隼人の影に翻ろうされながらも、沙苗が選んだ“愛し方”の結末とは――。主人公・沙苗のキャラクターは、2019年に起きた新宿ホスト殺人未遂事件から着想を得たという。



 解禁されたメインビジュアルは、沙苗と健太が湖畔に佇み、力強い眼差しでこちらを見つめる写真を使用。物語の鍵を握る謎の隣人・足立のミステリアス横顔も配置され、「その愛は、本物ですか?」という挑発的なコピーを観客に問いかける。



 また、沙苗の母親・多美子役で坂井真紀が出演。娘の幸せを切に願い、健太と出会うきっかけとなるお見合いに同席する。沙苗が通うメンタルクリニックのカウンセラー・藤井を演じるのは、木野花。沙苗の切実な言葉一つ一つを真正面から受け止める。



 林業に従事する健太の同僚・美紀を演じるのは雑誌「POPEYE」のガールフレンド特集号の表紙を飾り、注目を集めた鳴海唯。そして、沙苗が過去に殺そうとしたホスト・隼人役で、今映画やドラマに引っ張りだこの水上恒司が参加している。



 本作は、今年10月の「第28回釜山国際映画祭」ニューカレンツ部門でワールドプレミア上映され、11月に「第24回東京フィルメックス」にて日本初上映された。山本監督は、東京藝術大学大学院修了制作『小さな声で囁いて』(18年)が「マルセイユ国際映画祭」や「全州国際映画祭」に出品され、注目を集めた新鋭で、長編2作目の本作で商業映画監督デビューを果たす。

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

「トータルカラー&カット」のできる美容スタッフ大募集!自信がなくてもやる気があればあなたもカラーのスペシャリストに 【Ange Blanc 小吹店】
 エリア:茨城県
雇用形態:正社員
  給与:月給23万円~35万円

【仕事内容】<サロン全般> ~トータルカラー・デザインのご提案と施術~ ブリーチを使用しての特殊カラー ・ホイル・セクションなどのダブルカラーができる方大歓迎!! ・カットのできる方 【対象となる方】理容師・美容師免許をお持ちの方! 美容師経験者・未経験者・ブランクがある方も大歓迎! 子育て中の方や子育てが一段落した方、美容師復帰をお考えの方、Wワークをお考えの方など Ange Bla...

スポンサー:求人ボックス

全国・世界のニュース