【映画】
映画『ゴジラ-1.0』興収60億円突破 アカデミー賞に向けて渡米中の山崎貴監督「早く結果を知りたい」

『ゴジラ-1.0』(公開中)場面写真 (C)2023 TOHO CO., LTD.


 昨年11月3日より公開中の映画『ゴジラ-1.0』(山崎貴監督)の興行収入が60億円円を突破したことが明らかになった。3月3日までの122日間で観客動員392万人、興行収入60.1億円を記録。2023年に日本で公開された実写映画ランキングで第1位(※興行通信社調べ)となり、唯一60億円を突破した実写映画となった。



【動画】『ゴジラ-1.0』VFXメイキング映像



 現地時間10日に授賞式を控える「第96回アカデミー賞」において、日本映画で初めて「視覚効果賞」にノミネートされている本作。すでに山崎監督らは現地入りしており、現地時間2日に行われたアカデミー賞の公式プログラムであるパネルディスカッションに、山崎監督、VFXディレクター・渋谷紀世子氏、3DCGディレクター・高橋正紀氏、エフェクトアーティスト/コンポジターの野島達司氏が参加し、VFXの制作秘話を語って、会場を大いに沸かせた。



 そんな渡米中の山崎貴監督から60億円突破の知らせを受けてのコメントが到着。「60億は厚い壁だったので、ついに超えることができて本当にうれしいです。ゴジラは愛されているなぁ、と改めて感じました。この記録は、いろいろな幸運が重なったことと、そして観て下さった皆さんのおかげでしかあり得なかったので、皆さんにありがとうと言いたいですし、皆で作った記録だなと思います」と感謝の気持ちを伝えている。



 また、近づいてきたアカデミー賞授賞式については、「もうこうなったら俎板(まないた)の鯉ですよね(笑)。アカデミー賞の投票は終わって、もう結果は決まっているでしょうし、そこに何が書かれているのか楽しみです。早く結果を知りたいですね」とコメントを寄せた。



 北米では現地時間の2月1日までの63日間で上映が終了し、最終興行収入は5641万ドル。北米で公開された邦画実写映画の興行収入記録を大きく塗り替え、歴代1位。北米公開の外国語の実写映画の歴代興収の中でも3位という記録を残した。そのほか、世界各地で“ゴジラ旋風”を巻き起こし、日本興収も含めた全世界累計の興行収入は160億円(※)を突破している(※現時点のレートで換算)。

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

「夜間0:30~9:30」1.5tトラックでのルート配送/土日は固定でお休み/週3日~OK/置き配メイン 【株式会社SL Creations上尾物流センター】
 エリア:茨城県
雇用形態:アルバイト・パート
  給与:日給1万590円~

【仕事内容】1.5tトラックの夜間配送ドライバー募集/ 4月の事務所移転に伴い、新メンバーの募集です! : : : : : : : : : : : 夜間配送ドライバーの魅力 1夜間手当がつくのでとても稼げる! 日給「10,590円」なので、Wワークや ちょっとしたお小遣い稼ぎにはぴったり! 2渋滞に巻き込まれない 昼間と違って道路が混んでいないので、 「渋滞にはまって残業~」なんて心配...

スポンサー:求人ボックス

「スーパーフレックス/リモート可/コンサル未経験可」コンサルエージェント 【ランサーズ株式会社】
 エリア:茨城県
雇用形態:
  給与:年収400万円~600万円

【仕事内容】<職種>営業>法人営業 <業種>サービス>人材紹介・人材派遣 会員属性などに応じ、当該求人をビズリーチ上で閲覧された際に内容が異なる場合があります 概要 当社は「個のエンパワーメント」の実現を目指して、フリーランスマッチングプラットフォームを運営しております。 プラットフォーム事業と並び当社の主軸事業であるフリーランス紹介事業にてコンサルエージェント(メンバー)として業務に従事...

スポンサー:求人ボックス

全国・世界のニュース