【映画】
田中美央、ゴジラ作品に連続参加 『ゴジラ-1.0』雪風元艦長の堀田役の名せりふ「衝撃に備えよ!」生披露

ゴジラ作品に連続参加した心境を明かした田中美央 (C)ORICON NewS inc.


 俳優の田中美央が18日、都内で行われた映画『ゴジラ×コング 新たなる帝国』(26日公開)のGODZILLA ANNIVERSARY NIGHTに参加した。



【集合ショット】みんなで仲良くガオー!ゴジラポーズをきめた豪華出演者たち



 『ゴジラ-1.0』駆逐艦雪風の元艦長・堀田役で話題となった田中は、本作でも葺き替えキャストとして参加している。「日本のゴジラの方では大変皆様お世話になりました。アメリカのゴジラの方も皆様、よろしくお願いいたします」と笑顔でメッセージ。



本作のオファーを振り返ると「びっくりしました。そのオファーをいただいた時に『ええの?』っていうのが第一印象ですね」と思い返していた。さらに堀田の名せりふ「衝撃に備えよ!」も披露するなど、会場のゴジラ好きを喜ばせていた。



 ゴジラ誕生70周年と「モンスター・ヴァース」シリーズ10周年のアニバーサリーが重なる2024年に公開となる本作。3月29日から北米では上映中。北米では、初週末3日間のオープニング興行収入が8000万ドルを超え、週末興収ランキングでも第1位を獲得。そのほかの国と地域でも好成績を残し、2024年公開の全映画の中で、世界オープニング興収1位を記録する大ヒットスタートを切った。



 『ゴジラ×コング 新たなる帝国』は、『GODZILLA ゴジラ』(2014年)から展開してきたハリウッド版『ゴジラ』と『キングコング:髑髏島の巨神』(17年)の世界観がクロスオーバーした「モンスター・ヴァース」シリーズ最新作。怪獣と人類が共生する世界で、未確認生物特務機関:モナークが察知した異常なシグナル。交錯する「地上世界/ゴジラテリトリー」と「地下空洞/コングテリトリー」。ついに一線を越えるゴジラとコングの激突のその先には、我々人類が知る由もなかった未知なる脅威が待ち構えていた。



 イベントには、宮野真守、鈴木もぐら(空気階段)、真矢ミキ、大塚明夫、立木文彦、田中美央、福山潤、内田真礼、Yaffle、AI、Ozworldも参加した。

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

製造スタッフ/大手住宅資材製造メーカーでサッシを製造するお仕事 【株式会社ワールドインテック 関東ブロック】
 エリア:茨城県
雇用形態:派遣社員
  給与:時給1,300円

【仕事内容】<茨城県>大手住宅資材製造メーカーのサッシ製造 土日祝休み!寮費無料!未経験者歓迎!時給1,300円 <新着/製造スタッフ大募集> 人気の土日祝休み! 20代~50代の男女活躍中! 未経験者も大歓迎! 大手企業だからこその教育制度と マニュアルで安心して始められる 環境が整っています。 しっかりとしたサポート体制で派遣が 初めての方も大歓迎です。 <ポイント> ・未経験大歓迎 ・ブ...

スポンサー:求人ボックス

自動車の買取スタッフ/成長スピードが速いグローバル型の働き方!未経験からキャリアアップも可能 【ネクステージ日立店】
 エリア:茨城県
雇用形態:正社員
  給与:年収425万6,000円~901万6,000円

【仕事内容】⏩️本当に未経験歓迎!安定的な成長・環境をお求めの方にぜひ! <ポイント!!> ⏩️成約率は業界平均2倍の約50%! ⏩️集客含め高い成約率の仕組みあり!マニュアルも完備! ⏩️だから未経験でもしっかり成長できる! ⏩️安定的な年収900万円も目指せます! 「安定/安心の環境で仕事もプライベートも充実したい」 「今よりもっと良い職場で働きたい」 「努力がしっかり評価に繋がる会社がい...

スポンサー:求人ボックス

全国・世界のニュース