【その他】
【RIZIN】榊原CEOが語る“堀口vs.ペティス”実現の経緯「フライ級王座戦が妥当だと思うけど…」

RIZIN榊原信行CEO (C)ORICON NewS inc.


 6月9日に開催の『Yogibo presents RIZIN.47』(国立代々木競技場第一体育館)の対戦カードがきょう19日に発表されたことを受けて、RIZIN榊原信行CEOが登壇した会見が19日に生配信された。



【動画】榊原CEO、堀口恭司vs.セルジオ・ペティスの再戦の経緯を明かす



 同大会では、現RIZINフライ級王者の堀口恭司(33)vs.元Bellatorバンタム級王者のセルジオ・ペティス(30)の2年半ぶりの再戦と、元RIZINフェザー級王者のクレベル・コイケ(34)vs.前RIZINバンタム級王者のフアン・アーチュレッタ(36)の豪華な2試合が決定した。



 生配信に一人で登場した榊原CEOは「言いましたよね、僕を信じてチケットを買ってくれって」と豪華カードに自信を見せ、「僕たちは裏切らないので、オールベットしてほしいです。みんなの思いを届けてもらえたら、何倍にもして返していきます」とファンに呼びかけた。



 堀口vs.ペティスの経緯については「恭司はフライ級タイトルマッチが順当だと思うけど、今ふさわしい挑戦者がいない」と現状を説明し、Bellatorの協力を得てペティスをマッチング。1戦目がバンタム級だったことから「ペティスを無理にフライ級に落とさせてやるくらいなら、負けたときと同条件のバンタム級でやる」という堀口の意思を尊重して、バンタム級での試合となった。



 堀口vs.ペティスは2021年12月の『Bellator 272』でバンタム級タイトルマッチで対戦。試合は終始、挑戦者の堀口がリードしていたが、4ラウンドに王者ペティスのバックブローを顔面に受けた堀口がダウンし、衝撃的な幕切れでペティスがKO勝利した。



 現在はフライ級に転向した堀口だが、2年半ぶりの再戦は前回同様のバンタム級で実施。「UFCに再挑戦したい」と語っていたが、残っていた宿題をRIZINのリングで片付けて、夢の実現を目指す。



 また、クレベルvs.アーチュレッタ戦についても言及。クレベルは当初はヴガール・ケラモフと対戦を希望していたが、ケラモフがアゼルバイジャンでのフーリガン騒動で拘束されており、6月の試合に間に合う可能性が微妙なことから、前バンタム級王者のアーチュレッタが階級を上げて対戦することになった。



 クレベル、アーチュレッタともに「勝ったらフェザー級タイトルマッチに挑戦させてほしい」と望んでおり、この試合の勝者が、今月29日の『RIZIN.46』で行われる鈴木千裕vs.金原正徳のタイトルマッチの勝者と対戦する可能性があることを示唆した。



 また、会見中にカルシャガ・ダウトベックvs.関鉄矢(フェザー級)の試合も発表された。



 同大会のチケットは「ファンクラブ先着先行」はすでに終了しており、現在は「オフィシャルサイト先着先行」で販売中。さらにあす20日から23日まで「イープラスプレイガイド最速抽選先行」が行われる。





●『Yogibo presents RIZIN.47』(国立代々木競技場第一体育館)対戦カード

・バンタム級

堀口恭司 vs. セルジオ・ペティス

・フェザー級

クレベル・コイケ vs. フアン・アーチュレッタ

・フェザー級

カルシャガ・ダウトベック vs. 関鉄矢



関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース