【エンタメ総合】
舞台『未来少年コナン』門脇麦、超絶キュートなシーンに歓喜 自身の歌唱パートには「正面からみたいと思うほど」

超絶キュートなシーン歓喜した門脇麦 (C)ORICON NewS inc.


 俳優の門脇麦(31)が27日、都内で行われた舞台『未来少年コナン』最終舞台げいこ前あいさつに登場。あす28日の舞台初日に向けて現在の心境を語った。



【全身カット】漫画そのまま!コナン役衣装で登場した加藤清史郎



 『未来少年コナン』は、1978年4月4日から10月31日まで、NHK総合テレビで放送された全26話のテレビアニメシリーズで、当時37歳の宮崎駿氏が初めて監督した作品。NHKがテレビ開局25周年を記念して制作されたNHK初のアニメ番組としても知られている。



 初の舞台化作品となる『未来少年コナン』は、東京公演(東京芸術劇場 プレイハウス、5月28日~6月16日)で幕を開け、大阪公演は6月28日~30日に梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで行われる。主演となるコナン役を加藤清史郎、ヒロイン・ラナ役を影山が演じる。



 門脇は、今作の演出・振付・美術を手がけるインバル氏の作品に出演した経験から、本作での演出の印象について聞かれ、「今回は話がすごいシンプルなので、具体的なものを抽象的に、物語が豊かに、観ている皆さんの感性みたいなものが引き出されていくような作りになっているなと思っています」と話す。



 続けて、「超絶キュートなシーンが前作でもあったんですけど、私が出ちゃってて見えてなかったので。今回はそういうかわいいシーンが(袖から)いっぱい見られてうれしいです」と言い、自分の出演シーンについては「いつも同じこと言っちゃうんですけど、正面から見たいなと思うほど本当に美しい歌になっておりますので、多くの方に楽しんでいただけたらなと思います」と語った。



 舞台げいこ前あいさつには、加藤清史郎(22)、影山優佳(23)、成河(43)、宮尾俊太郎(40)、今井朋彦(56)、椎名桔平(59)も登場した。

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース