【エンタメ総合】
崎山つばさ、1年ぶり主演舞台に「並々ならぬ思い」 三人芝居の挑戦的な作品で「怪物を目の当たりにして」

『怪物の息子たち』ゲネ前囲み取材に出席した崎山つばさ(C)ORICON NewS inc.


 俳優の崎山つばさが30日、東京・よみうり大手町ホールで行われた三人芝居『怪物の息子たち』の取材会に出席した。共演する安西慎太郎、田村心とともに、1年ぶりの主演舞台に挑む思いを語った。



【集合カット】みんなでガッツポーズ!舞台に意気込みを語った崎山つばさたち



 本作は、怪物といわれたある男とその三人の息子たちの物語を三人の俳優で描く濃厚な会話劇。舞台上にいるのは、崎山、安西、田村の三人のみ。怪物といわれたある男とその男の三人の息子たち、さらには劇中登場する人物たちを三人で演じる。



 座長を務める崎山は「1年ぶりとなる主演舞台、そして自分にとって初めてとなる三人芝居ということで、けいこから並々ならぬ思いで挑んでまいりました。演出の毛利さんを含め、キャスト・スタッフさんたちと本当に緻密に細かく丁寧に作ってきました」と意気込み、「今日初日を迎えることができて本当にうれしく思いますし、またお客さんが入るとこの『怪物の息子たち』という舞台がどんどん変化していくと思うので、その変化も楽しみながら演じられていけたらいいなと思います」と初日を迎えた心境を語った。



 また、取材会の最後には改めて「すごくドキドキしています」と笑顔を見せ、「こんなに不安と期待が入り混ざるような舞台はなかなかない。それは三人芝居っていうところも大きいですし、けいことは空間が違うことによってタイミングや感覚が違う部分もあります。けいこをしてきたけど、きょう生まれるものもあると思うんですが、それも楽しみながら、挑戦的な舞台に臨みたい。そして“怪物”を目の当たりにしていただければなと思います」と自身にとっても特別な同舞台をアピールした。



 取材会には俳優の安西慎太郎、田村心、脚本家の木下半太、演出家の毛利亘宏も登場した。



 本作は東京・よみうり大手町ホールにてきょう30日から6月9日まで全14公演を上演する。

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース