【エンタメ総合】
『仮面ライダーリバイス』脚本家二人が再タッグ “怪物”三人だけの芝居を創造「ストロングスタイルになる」

『怪物の息子たち』ゲネ前囲み取材に出席した(左から)毛利亘宏氏、田村心、崎山つばさ、安西慎太郎、木下半太氏(C)ORICON NewS inc.


 脚本家の木下半太氏、演出家の毛利亘宏氏が30日、東京・よみうり大手町ホールで行われた三人芝居『怪物の息子たち』の取材会に出席した。『仮面ライダーリバイス』ではともに脚本を務めた二人が再タッグを組み、新たな会話劇を作り上げた同作への思いを語った。



【写真】やる気満々!3人芝居への意気込みを語った崎山つばさたち



 本作は、怪物といわれたある男とその三人の息子たちの物語を三人の俳優で描く濃厚な会話劇。舞台上にいるのは、崎山つばさ、安西慎太郎、田村心の三人のみ。怪物といわれたある男とその男の三人の息子たち、さらには劇中登場する人物たちを三人で演じる。



 毛利氏は「『仮面ライダーリバイス』でご一緒させていただきました木下さんとタッグを組んでやるということで、非常に楽しみにしていた作品。やはり三人芝居というのはなかなか過酷なもので、丹念に稽古場で言葉を交わしながら積み上げていった結果がこの舞台に乗っかるんじゃないかと思っています。本当に素晴らしい、まさに“怪物”と呼べる三人が集まりましたので、極上の時間をお楽しみいただければなと思っております」とアピール。



 一方、演出も同時にこなすことが多いという木下氏だが、今回は脚本に専念。「普段だったら書きながら演出がしやすいように書いちゃうものなんですが、今回は自分が演出するんだったらいやだなと思う脚本にもあえて挑戦できた。書きながらすごく楽しかったですが、俳優三人だけでやりきらなくちゃいけないのでストロングスタイルになる。どんな風に毛利さんが演出したのか楽しみです」と期待を語る。



 そんな脚本に毛利氏は「演出家として新鮮にアプローチができたなと思ってまして、自分にとって、今後演劇を続けていく中でとても有意義な時間、成長することができた時間ではないかと思っております」と演出家としても新たな挑戦となったことを明かした。



 本作は東京・よみうり大手町ホールにてきょう30日から6月9日まで全14公演を上演する。

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

人材コーディネーター/人材派遣・人材紹介業界の人材コーディネーター 【株式会社ブレイブ】
 エリア:茨城県
雇用形態:正社員
  給与:月給25万円~31万5,200円

【仕事内容】<仕事内容> <未経験入社の先輩が7割→完全人柄重視の採用です!>医療・福祉などの業界で活躍したい人材と企業を結び、どちらにも貢献できるお仕事です <求職者さんとの対応> 介護士・看護師・保育士などお仕事の希望をヒアリング 就業先を電話やメールで紹介(マッチング) 就業フォロー <クライアントさんへの対応> 主に医療・福祉関連法人へ人材ニーズのヒアリング 人材提案(マッチング) ...

スポンサー:求人ボックス

建築施工管理/住宅・建材・エクステリア業界の建築施工管理・工事監理者 【株式会社ヤマダホームズ】
 エリア:茨城県
雇用形態:正社員
  給与:月給21万240円~40万円

【仕事内容】<仕事内容> <注文住宅・分譲住宅の建築工程全般を管理>自社プロジェクトだから無理なく、ノビノビと働ける! 週休2日 残業少なめ(定時退社も可) 人間関係 管理するのは、注文住宅と自社開発の分譲住宅。 お客様の要望を正しく造る ⇒お客様の顔が見え、完成時に感謝いただけます 分譲住宅は、自分の納得いくものが造れる ⇒現場目線を追求した自分のアイデアを反映できます スケジュー...

スポンサー:求人ボックス

全国・世界のニュース