【エンタメ総合】
森香澄、人生初の路上ナンパ 「ケバブひと口ください」大胆ナンパ術を披露

24日放送『森香澄の全部嘘テレビ』より(C)テレビ朝日


 フリーアナウンサーの森香澄が出演するテレビ朝日系バラエティー『森香澄の全部嘘テレビ』(毎週月曜 深2:54)の最終回が、きのう24日深夜に放送された。森が人生初めてのナンパに挑戦した。



【番組カット】初ナンパ!長身イケメンに声をかける森香澄



 番組は、森香澄がキャバクラ嬢体験や自宅断捨離、渋谷の繁華街でのナンパなどさまざまな企画に体を張って挑戦する新バラエティー。しかし、これらはタイトルどおり、すべて“嘘”。



 最終回では、森と川口葵が腕相撲自慢を街で集めて対決するという企画。渋谷の街でそれぞれ筋肉自慢を探すが、そこにカメラはなし。2人はセンター街の大勢の人の中で、ためらいながらも懸命に腕相撲自慢をナンパしまくる。



 ナンパの舞台は渋谷センター街。多くの人が行き交う中、腕相撲自慢のナンパがスタート。しかし森と川口は、共に声をかけるもあっさり失敗し、渋谷ナンパの難しさを痛感する。川口に関しては「足を止めてすらくれない…」と嘆き、焦りを隠せない様子。一方森は、「そのケバブひと口ください」とイケメンに大胆ナンパ。川口とは対照的に、イケメンとトークを繰り広げて調子を上げていく。



 センター街で長身イケメンを見つけた森は、ここぞとばかりに必殺技を繰り出す。「すみません…携帯なくしてしまって…」と話しかけると、イケメンの携帯を借りて電話番号を入れて電話をかけさせる。すると、森のカバンの中から着信音が。長身イケメンは戸惑いながら「携帯鳴っている!」と当然のツッコミ。森はカバンから携帯を取り出し「連絡しますね」とイケメンに満面の笑みで打ち解けナンパに成功していた。

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース