暑さでレール変形、関鉄常総線 3時間運転見合わせ 茨城・下妻



変形したポイント付近の点検作業を行う作業員たち=下妻市大宝
変形したポイント付近の点検作業を行う作業員たち=下妻市大宝
関東鉄道常総線大宝駅近くでポイント付近に水をかけて冷却する作業員たち=1日午後4時20分ごろ、下妻市大宝
関東鉄道常総線大宝駅近くでポイント付近に水をかけて冷却する作業員たち=1日午後4時20分ごろ、下妻市大宝
1日午後、茨城県下妻市大宝の関東鉄道常総線大宝駅構内で、レールのポイント付近が、猛暑の影響で変形した。修復や点検作業のため、同線は下妻-下館駅間が同日午後2時半ごろから一時運転を見合わせ、同5時19分に運転を再開した。

関東鉄道によると、変形は、点検していた係員が発見した。作業員たちが水をかけて冷却しながら、軌道を修復した。影響で上下12本が運休、上り列車が最大3時間遅れた。

同駅近くに住む男性(76)は、暑さでのレール変形について「聞いたことがない。珍しい」と驚いた様子だった。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース