2017年4月30日(日)

【デスク日誌】東京へ動き出した大器

2月の下旬だったと思う。「大迫、ボストンマラソン走るってよ。」というツイートを目にし、ニヤリとしてしまった。重大な決断を、他人ごとのようにさらりと言ってのける大胆さ。期待は勝手に高まった▼昨夏のリオ五輪トラック競技に出場した大迫傑選手が発信。大舞台での不本意な結果からどう復活するのか。注目していたところに、飛び込んできたサプライズニュース▼レースは17日に行われ、堂々3位。世界の強豪によるペースチェンジに惑わされることなく、初マラソンにもかかわらず、落ち着き崩れず走り切った辺りに、2時間10分28秒の記録以上の価値がある▼今後について明言していないが「いいイメージはできた」とポジティブにコメント。トラックでスピードを磨き、5千メートルで日本記録を持つ大器。3年後の「東京」へ、まだまだ進化しそうだ。 (整理部・高野祐一)

2017 年
 4 月 30 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス