2019年3月19日(火)

【デスク日誌】当たり前のことに感謝

先日、トヨタと宇宙航空研究開発機構(JAXA)が有人月面探索車の開発に取り組み、2029年にも打ち上げる構想が発表された。宇宙服を着ないで乗車が可能だという▼米アポロ計画でもバギーが活躍したが、宇宙服を着なくてもとはいかなかった。ヒトは地球上では普通に生活ができる。当たり前のことで、特に不思議にも思わなかったが、宇宙に出るとなると、地球上の環境がいかに大切なことか▼4月から、生活環境が変わる人もいることだろう。そのときに、今まで当たり前だったことを振り返ることで、その普通さに感謝して、次のステップへ踏み出す勇気の糧にしたい▼月面車が月に到着が予定されるまで10年余り。カウントダウンはもう始まっている。紆余(うよ)曲折が予想されるが、時間はあっという間に過ぎ去る。振り返りながらでもいい、前進しよう。(整理部・前田宣明)

2019 年
 3 月 19 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス