◆2016年3月◆

ストレートに伝わる空気感

今月は雪景色や早春を切り取ったものなど、さまざまな作品が寄せられました。

最優秀賞には山口定夫さん(常総市)の「日は昇る」です。朝日に染まった空を美しい色合いで写し込んでいます。ぼんやり漂う朝もや、焼けた空の移ろいの一瞬を捉え、気温の変化さえ感じさせます。シンプルな構図で空気感がストレートに伝わる作品です。

優秀賞は綿引勝春さん(大子町)の「昇陽」と溝口一郎さん(行方市)の「ゲット」です。「昇陽」は霧の立ち込める田園風景を幻想的な作品に仕上げています。被写体の要素が中央に集まり、静けさを演出しながらも輝きを増し昇っていく太陽と、寄り添うようなわらぼっちが際立ち、視線を誘う写真です。「ゲット」は猛禽(もうきん)類の野生の姿をシャープに捉えました。粘り強くチャンスを待ち続けた努力がうかがえます。弓なりに広がる翼に水面ギリギリに迫るスピード感が表れています。 (写真映像部長・山本和朗)

協賛
ニコン
茨城フジカラー
JA全農いばらき
茨城写真連盟 (順不同)



「日は昇る」 山口定夫(常総市)
ニコン 35-105ミリ f22 1/4秒 フジベルビア=常総市




「昇陽」 綿引勝春(大子町)
キヤノン 28-135ミリ f11 1/1600秒 ISO200=大子町


「ゲット」 溝口一郎(行方市)
キヤノン 600ミリ×1・4 f6・3 1/2500秒=霞ケ浦




「来光」 仁平常夫(桜川市)


「仲良し滑り台」 熊田政男(北茨城市)


「近未来の信号待ち」 佐藤武美(高萩市)


「鷲法院境内夜景」 小山忠雄(高萩市)


「ダンス」 川和田潤(水戸市)


「湊線冬紀行」 鷺谷章二(水戸市)


「アングルを求めて」 高橋静江(石岡市)


「繋ぐ笑顔」 冨永幸男(城里町)


「芯髄に凍み入る」 田上勤(城里町)


「寒い朝」 川村昇司(水戸市)

2017 年
 4 月 30 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス