◆2016年7月◆

明るい話し声聞こえそう

今月は梅雨時の風景など223点が寄せられました。力作が多くページが足りませんでした。

最優秀賞は佐藤次男さん(常陸大宮市)の「狐(きつね)のふれあい」です。イベントの一場面でしょうか、ざっくりと捉えた空間、瞬間がとてもスナップらしく、雰囲気が伝わります。若い狐と触れ合い、年配の男性がちょっと若返ったような、明るい話し声が聞こえてきそうな1枚です。

優秀賞は萩谷正男さん(常陸大宮市)の「染まる清流」と田上勤さん(城里町)の「信心の時」です。「染まる清流」はスローシャッターを何度も試したのでしょうか、水の動きの面白さと、鮮やかな発色が印象的です。水面の表情や色のつながりをイメージする想像力の豊かさが光ります。

「信心の時」は柱の朱色、屋根の緑、人物などがバランス良く配置され、画角と相まって落ち着いた構図です。主人公の右足の上がる瞬間が捉えられ、奥行きを感じさせる端正な1枚です。

(写真映像部長・山本和朗)



「狐のふれあい」 佐藤次男(常陸大宮市)
ニコンD300S 18-200ミリ f5.6  シャッターオート ISO400=岩手県




「染まる清流」 萩谷正男(常陸大宮市)
キヤノン 70-300ミリ f36 10秒=福島県


「信心の時」 田上勤(城里町)
キヤノン 18-135ミリ f5・6  1/125秒 ISO200=和歌山県




「紫陽花美人」 佐々木敏勝(日立市) 


「早朝散歩の刻」 米川誠(茨城町) 


熊田政男(北茨城市) 「踏ん張り」


綿引勝春(大子町) 「宵灯篭」


益子忠一(常陸大宮市) 「一番列車」


佐藤邦夫(東海村) 「銀世界」


助川護(常陸大宮市) 「寂」


平沢徳孝(常陸太田市) 「蜜を求めて」


藤井美代志(かすみがうら市) 「はじらい」


大川博満(鹿嶋市) 「ライバル」

2017 年
 3 月 26 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス