2013年9月15日(日)

イプシロン打ち上げに歓声 つくばで中継

イプシロンロケット打ち上げ中継に拍手と歓声が上がった=つくば市千現
イプシロンロケット打ち上げ中継に拍手と歓声が上がった=つくば市千現

つくば市千現のJAXA筑波宇宙センターで14日午後、新型ロケット「イプシロン」1号機の打ち上げを実況中継するパブリックビューイングが開かれ、親子連れなど市民約750人が打ち上げを見守った。

同センター内の展示館スペースドームほか2カ所に設置された大型スクリーン前には、発射1時間前から親子連れが詰め掛けた。鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げ直前の様子を映し出すJAXAの実況放送が始まると、期待に胸を膨らませるように画面に見入った。

発射1分前からカウントダウンが始まると、会場も声を合わせてカウントダウン。午後2時ちょうど、白煙とともにイプシロンが上昇し始めると、合わせるように歓声と拍手が湧き起こった。

打ち上げ録画が映し出されると、子どもたちはじっと画面に見入った。イプシロンは2度にわたり打ち上げが延期され、この日も予定より15分遅れての発射だっただけに、2段、3段ロケットの切り離しの模様が映されると、「おー」と安堵(あんど)の声が漏れた。

打ち上げ延期になった8月も見に来ていた同市千現の小学3年、宮崎恵輔君(8)は「前回は『せっかく来たのに、えー何で、がっかり』と思った。今回は無事に発射してうれしかった。良かった」と喜んでいた。



次の記事:2月以来の64人感染、変異株9人

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 4 月 18 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス