2014年3月30日(日)

圏央道“歩き初め” 稲敷・開通前にイベント

千葉県を目指し、歩き初めを楽しむ大勢の参加者=圏央道稲敷東IC
千葉県を目指し、歩き初めを楽しむ大勢の参加者=圏央道稲敷東IC

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の稲敷インターチェンジ(IC)-神崎IC(千葉県)間が4月12日に開通するのを記念し、稲敷市は29日、途中の稲敷東ICで路上ウオーキングイベントを開いた。初夏のようなぽかぽか陽気の中、大勢の市民らが利根川を渡り千葉県を目指して“歩き初め”を楽しんだ。

開通するのは、稲敷IC-稲敷東IC(6キロ)と稲敷東IC-神崎IC(4・6キロ)の暫定片側1車線。これで圏央道は計画総延長約300キロのうち約180キロが開通し、県内区間は初めて千葉県とつながる。

スタート前、田口久克市長は「震災で高速道路が物資輸送に大きな役割を果たしたことから、このイベントを『絆』と名付けた。楽しんで歩いてほしい」とあいさつし、物流の大動脈の延伸に期待感を示した。

同市を拠点とする社会人硬式野球クラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ」の片岡安祐美監督の宣誓に続き、参加者は往復3キロ、7キロ、8キロのコースに分かれ、眼下の田園風景を楽しみながら、思い思いのペースで路面の感触を楽しんだ。

友好都市カナダ・サーモンアーム市から来た使節団のグレン・ボスィスルさん(51)は、「カナダでも新しい橋が完成するとこうしたイベントがあるが、参加したのは初めて。しかも日本でなので記念になる」と笑顔で話した。

国土交通省によると今後、神崎IC-東関東道大栄ジャンクション間(10キロ)も、2014年度中に開通の予定という。



次の記事:那珂川沿岸、沈む家屋 住民絶句

全国・世界のニュース

2019 年
 10 月 22 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス