2014年5月3日(土)

「例年になく甘い」筑西こだますいかPR

甘さや食感など質の高いこだますいかをPRした=県庁
甘さや食感など質の高いこだますいかをPRした=県庁

間もなく出荷最盛期を迎える桜川、筑西両市の「こだますいか」の販売を促進しようと、筑西市の須藤茂市長やJA北つくばの藤田恒雄組合長らがきのう、県庁を訪れ、小玉スイカの甘さや食感など品質をPRした。

両市で生産される小玉スイカは、オリジナルブランド「紅の誘惑」として全国一の生産量を誇る。2月の大雪の影響で、出荷が始まる3月ごろの数量が減り、出荷が遅れたものの、今月に入り例年並みに回復した。

藤田組合長は「今年は1日の寒暖の差が大きかったため、例年になく甘い」と強調。須藤市長は「歯応えが良い自慢のこだますいかを、多くの方に味わってもらいたい」とアピール。



次の記事:モルタル遺体 長女に「セメントやるよ」

全国・世界のニュース

2019 年
 7 月 16 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス