2014年5月21日(水)

バラ園公開し復興支援 募金、被災地に 筑西・小林さん宅

震災復興支援オープンガーデンを開催している小林幸子さん=筑西市森添島
震災復興支援オープンガーデンを開催している小林幸子さん=筑西市森添島

筑西市森添島、小林幸子さん(66)が自宅のバラ園を公開する震災復興支援オープンガーデン「バラの香りに誘われて バラと絵画展」が20日始まった。500円の寄付でバラのアレンジメントを贈呈し、募金は福島県浪江町など被災地に送る。今年で3回目のオープンガーデンだが、小林さんは「被災地のことを忘れず、日本全体が元気になれば」と訴えている。

小林さん宅には自宅の庭や温室など面積約600平方メートルに、300〜400種約700本の色とりどりのバラが植えられている。「国際バラとガーデニングショウ」のバラ切り花部門で大賞を3回受賞するなど、バラ作りに取り組んで40年近くに。自宅ではバラ作り教室やアレンジメント教室も開いている。

「多くの人に自宅で育てたバラを見てもらいたい」と開催しているオープンガーデンだが、昨年には約700人の来訪者があったという。初日の20日も午前中から大勢の人たちが訪れていた。会期は6月1日まで。時間は午前10時から午後4時半。

今回は筑西市在住の画家、城石貴寿子さんの絵画展も開催している。問い合わせは小林さんTEL0296(22)3847
(大高茂樹)



次の記事:京都アニメ会社放火 容疑者集合住宅、異様な室内 

全国・世界のニュース

2019 年
 7 月 23 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス