2014年8月12日(火)

大洗産「しらすご飯」 ローソン、12日発売

大洗町産のシラスを使った「しらすご飯」をPRする小谷隆亮町長(右から2人目)ら=同町磯浜町
大洗町産のシラスを使った「しらすご飯」をPRする小谷隆亮町長(右から2人目)ら=同町磯浜町

コンビニエンスストア大手のローソンは、大洗町産のシラスを使用した「しらすご飯」を開発、本県を含む関東甲信越(1都9県)の約3250店舗で12日、販売を始める。

同商品はシラス干しをメーンにかつお節や大根菜、梅干しを盛り付けた。柔らかなシラスのうまみと潮の香り、しゃきしゃきとした大根菜の食感などが楽しめる。パッケージには大漁旗を掲げた漁船をデザインした。数量限定で320円(税込み)。

1月に筑波銀行主催の商談会をきっかけに、同社と町、町漁協の間で商品開発の企画が持ち上がった。同社が県内自治体と商品開発に取り組むのは常陸太田市の「焼きおにぎり」に次いで2例目。

販売開始を前に、商品発表会が11日、同町磯浜町の町文化センターで開かれ、小谷隆亮町長は「夏バテの皆さんにこの商品を食べてもらい、元気を取り戻してほしい」とあいさつ。同社北関東商品部の平野剛部長は「今後もおにぎりなどシラスを使った商品をどんどん出したい」と話した。

2016 年
 7 月 30 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス