2014年9月8日(月)

豊作祈願、きせる祭り 加波山

巨大きせるを奉納し葉タバコの豊作を祈願した「きせる祭り」=石岡市の加波山
巨大きせるを奉納し葉タバコの豊作を祈願した「きせる祭り」=石岡市の加波山

葉タバコの豊作を祈願する「きせる祭り」が7日、石岡、桜川両市にまたがる加波山の加波山神社(鈴木史彦宮司)で開かれた。祭りは今年で60回目。葉タバコの耕作者など参加者が、たばこを詰めた巨大きせるを奉納し、豊作を祈った。

祭りは1954年、ひょう害を受けた耕作者が加波山神社に祈願したところ、葉タバコの勢いが回復し豊作となったことから、お礼の祈祷(きとう)を行ったのが始まり。59年には加波山山頂にたばこ神社が建立された。

標高638メートルの拝殿で神事が行われ、真ちゅう製の巨大きせる(重さ60キロ、長さ2・6メートル)にたばこを詰めて点火。紫煙たなびく巨大きせるを法被姿の参加者が担ぎ、険しい山道を登って標高709メートルのたばこ神社に奉納し祈祷した。参加者はきせるからたばこの香りを味わった。

耕作者が年々減る中で、同祭りは60回続き、鈴木宮司は「今年も無事終了しほっとしている。これからも祭りを末永く続けたい」と話した。

 (根本樹郎)



次の記事:洗濯乾燥機に閉じ込め、3歳男児脱水

全国・世界のニュース

2020 年
 6 月 3 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス