2014年9月19日(金)

絵手紙でつながるなかま展

会場の喫茶スペースに絵手紙の作品が並ぶ=筑西市丙
会場の喫茶スペースに絵手紙の作品が並ぶ=筑西市丙

筑西市の絵手紙グループ、さくら会下館の「絵手紙でつながるなかま展」が同市丙のしもだて地域交流センターアルテリオ1階喫茶カフェブリーズで開かれている=写真。メンバー14人が手掛けた花や野菜などをテーマにした作品約180点が並ぶ。26日午後6時まで。

同会は1999年に発足し、市内の児童館を拠点に月1回の作品作りに取り組む。この時期にメンバーの作品を一堂に集めた作品展を毎年開いている。

代表の仁平しず江さん(66)=同市玉戸=は「割り箸を使って墨で描くが、濃淡などの違いで絵にも面白さが出てくる。ぜひ絵手紙の魅力を知ってもらえれば」と話している。



次の記事:水戸の京成百貨店 和洋菓子5店が開店

全国・世界のニュース

2019 年
 9 月 17 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス