2015年8月2日(日)

迫力の舞台 6万人超 ロックフェス開幕

ひたちなか

【AD】

真夏の音楽の祭典「ロック・イン・ジャパン・フェス2015」が1日、ひたちなか市馬渡の国営ひたち海浜公園で開幕した。迫力の野外ロックサウンドを楽しもうと、若者を中心に全国から集った約6万2500人(主催者発表)の観衆で会場は熱気に包まれた。

初日は、会場内6カ所の特設ステージに計49組が出演した。6万人が観覧できるグラスステージでは、結成10周年を迎えた「the telephones」がオープニングを飾り、迫力のステージパフォーマンスで観衆を魅了した。

その後も各ステージで人気アーティストが次々と登場。「ゴールデンボンバー」のステージでは、本県発のキャラクター、納豆の妖精「ねば〜る君」がシークレットゲストとして出演し、会場を盛り上げた。

同フェスは、国内最大級の野外音楽フェスとして2000年にスタート。16回目の今年は1、2、8、9日の計4日間で約190組が出演し、延べ約24万人が来場する見通し。

(勝村真悟)



2016 年
 5 月 25 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス