2015年11月4日(水)

演奏にSL乗客笑顔 真岡鉄道7駅 沿線15校コンサート

SLの出発に合わせホームで演奏する下館一高生=下館駅
SLの出発に合わせホームで演奏する下館一高生=下館駅

筑西市と栃木県茂木町を結ぶ真岡鉄道真岡線(下館-茂木駅)の蒸気機関車「SLもおか号」の発着に合わせ、沿線の生徒たちがホームで演奏を披露するコンサート「吹奏楽inコットンウェイ2015」が3日開かれ、SL始発駅の下館駅では下館一高吹奏楽部の演奏で乗客を喜ばせた。

同コンサートは地域活性化を狙いに真岡線SL運行協議会が実施。栃木県内の小中学校と高校を含め、沿線15校から300人を超す子どもたちが参加して下館や真岡、益子駅など計7カ所で、下りSLの運行時刻に合わせて演奏が繰り広げられた。

下館駅ホームでは吹奏楽部の生徒35人が「銀河鉄道999」などを披露。SLが黒煙を噴き上げながら出発すると乗客が笑顔で手を振っていた。

部長の川辺李香(ももか)さん(17)は「多くの乗客に楽しんでもらい、よかったです」と話していた。 (大高茂樹)



次の記事:京都アニメ会社放火 容疑者集合住宅、異様な室内 

全国・世界のニュース

2019 年
 7 月 22 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス