2015年11月21日(土)

児童、巣箱作り体験 筑西・古里小

巣箱作りに取り組む筑西市立古里小の児童たち=同市桑山
巣箱作りに取り組む筑西市立古里小の児童たち=同市桑山

筑西市桑山の市立古里小学校(坂入幸子校長)の4年生児童24人が20日、校庭に隣接する雑木林「里の子の森」で巣箱作りを体験した。里山整備に取り組む「つくば森林づくりの会」のメンバーが子どもたちに巣箱の組み立てを指導し、学校周辺に生息する野鳥について説明した。

巣箱作り体験は自然環境に関する学習の一環で、今年で6年目。ヒノキやクヌギが生い茂る約6ヘクタールの森は校庭西側に広がり、児童が森林と親しむ場ともなっている。

子どもたちはのこぎりで木材を切ったり、金づちでくぎを打ったりして巣箱を組み立てた。完成した巣箱は自宅に持ち帰る。大島温希君(9)は「巣箱作りは楽しかった。自宅の庭にある柿の木に取り付けたい」と喜んでいた。



次の記事:京都アニメ会社放火 容疑者集合住宅、異様な室内 

全国・世界のニュース

2019 年
 7 月 22 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス