2015年12月7日(月)

筑西・小栗判官まつり 華やかに武者行列

馬上から観衆に向かって手を振る小栗判官役の川野太郎さん=筑西市門井
馬上から観衆に向かって手を振る小栗判官役の川野太郎さん=筑西市門井

筑西市協和地区に伝わる伝説を再現する「小栗判官まつり」(同実行委主催)が6日、同市新治のJR新治駅前通りで開かれ、華やかな甲冑(かっちゅう)に身を包んだ武者が勇壮に練り歩き、沿道に詰め掛けた観衆を魅了した。

同まつりは常陸国小栗の15代城主、小栗助重(小栗判官)と照手姫(てるてひめ)の恋物語「小栗判官伝説」に基づくイベント。旧協和町が1989年、まちおこしの一環として始め、今年が26回目。

俳優の川野太郎さんが判官役を務め、新治、古里、小栗各小の6年生や、公募に応じた全国の市民など約200人が武者行列に参加した。

出陣式で川野さんが気勢を挙げ、照手姫役の海老沢有紗さん(23)を乗せた御所車や侍女、十勇士、子ども武者が通りに繰り出した。一行は新治小からJR新治駅まで約2・5キロを約1時間半かけて往復。川野さんらは沿道からの声援に手を振って応えた。

家族6人で見物した笠間市笠間、佐々木りのあちゃん(3)は「お姫様がかわいかった」と笑顔。筑西市下岡崎、白田晴美さん(62)は「毎年来ているが、何度見てもいい」と武者行列を満喫した様子で話した。(溝口正則)



次の記事:土浦市初の女性市長 現職の5選を阻む

全国・世界のニュース

2019 年
 11 月 22 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス