2016年2月23日(火)

撮影技術学んだ独自の視点49点 筑西で写真展

「わが家の名カメラマン養成講座」の作品展=筑西市丙
「わが家の名カメラマン養成講座」の作品展=筑西市丙

筑西市立中央公民館の「わが家の名カメラマン養成講座」の写真展が、同市丙の地域交流センターアルテリオで開かれている。受講生25人の個性を生かした作品が来場者の興味を引いている。26日まで。

養成講座は毎年6月から2月にかけて開かれ、今年で8回目。同市の長谷川恵一さん(60)を講師に受講生が月2回、実地と勉強会で撮影の技術を学んだ。作品展は1年間の活動の集大成として開かれており、49点が展示された。

同市乙、野畠勇さん(75)の「JAZZ LIVE」は高校生バンドを捉えた作品。カメラの機能を使って熱演する表情を強調した。同市上平塚、渡辺国雄さん(68)は、朝の境内の景色の変化を組み写真で表現するなど、受講生の自信作が並ぶ。

長谷川さんは各作品を「独自の視点で見つけた一瞬を上手に捉えた」と評価した。

会場には「色をとる」をテーマに5色を強調した作品も同時に展示。入場無料。午前9時〜午後5時。



次の記事:京都アニメ会社放火 容疑者集合住宅、異様な室内 

全国・世界のニュース

2019 年
 7 月 22 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス