2016年4月9日(土)

芸術さかなに酒楽しむ 筑西、居酒屋で写真・水彩画展

お酒を楽しみながら鑑賞できる作品展「道端探検隊」=筑西市丙
お酒を楽しみながら鑑賞できる作品展「道端探検隊」=筑西市丙

“芸術”を楽しみながら、ちょいと一杯いかが-。写真と水彩画を居酒屋に展示するユニークな企画「道端探検隊」が、筑西市丙の焼き鳥店「福ちゃん」で開かれている。

日常のさりげない風景をテーマにした100点以上が店内を飾り、来店者の興味を引いている。28日まで。

展示したのは、同店の常連客で、同市の写真愛好家をはじめとした男女7人。「酒のさかなになれば」と遊び心で発案し、同店の野口禎一店長が快諾して展示にこぎ着けた。来店客に気軽に作品の魅力を紹介するのも狙いの一つという。

作品は、それぞれが撮影、制作して出展した。雪国の風景を描いた水彩画のほか、街中のレトロな風景、火の見やぐら、道端の瓦などの作品が壁やテーブルに並ぶ。

出展者代表の長谷川恵一さん(60)は「酒を楽しく飲みながら、作品が話題に上がればうれしい」と話した。

同店の営業時間は平日午後4〜8時。鑑賞は無料。 (溝口正則)



次の記事:土浦市初の女性市長 現職の5選を阻む

全国・世界のニュース

2019 年
 11 月 22 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス