2016年12月16日(金)

親子の絆や共感訴え 常陸太田・金砂郷中、杉山さん非行体験語る

共感の大切さを訴える“魂のボーカリスト”杉山裕太郎さんの講演会=常陸太田市大里町の市立金砂郷中
共感の大切さを訴える“魂のボーカリスト”杉山裕太郎さんの講演会=常陸太田市大里町の市立金砂郷中

非行に走った体験を基に、青少年の健全育成や薬物乱用防止などに取り組む“魂のボーカリスト”杉山裕太郎さん(42)の講演会が9日、常陸太田市大里町の市立金砂郷中(井上敏行校長、生徒287人)で行われた。

自暴自棄になり覚醒剤に手を染めた過去から、親の愛情を知り更生するまでを振り返りながら、親子の絆や「共感することの大切さ」を訴えた。

「親子の絆〜僕が命の大切さを知った日〜」と題した講演会には、全校生徒と保護者約100人が参加した。

岐阜県出身の杉山さんは「優等生じゃない自分は愛されていない」と教育熱心だった親への不信感を募らせ、中学を境に非行に走る。暴走族のリーダーとなりバイクを乗り回す日々の中、覚醒剤に溺れて3度も生死をさまようほど中毒になったという。

23歳の時、「自分の気持ちを分かってほしい」という思いで両親の前で覚醒剤を打つ。父親は「そんな状態にあったなんて知らなかった。許してくれ。お前は俺の大事な息子だ」そういって泣きながら杉山さんを抱きしめた。

両親が自分の気持ちに共感してくれたことで親の愛情を実感し、薬物をやめる契機となった。杉山さんは「一番大切なことは共感。共感は人間に本能的に備わっているもの。相手の立場を想像することが大事」と呼び掛け、非行時代の思いをしたためた「今を生きる」や親子の永遠の愛をテーマにした「ありのままを受け止めて」など3曲を熱唱した。 (鈴木愛実)

全国・世界のニュース

2017 年
 9 月 25 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス