2017年1月20日(金)

東海高、支援物資送り11年 古着や生活用品、タイの少数民族に

放課後に支援物資の提供を呼び掛ける生徒会役員=県立東海高校
放課後に支援物資の提供を呼び掛ける生徒会役員=県立東海高校

東海村村松の県立東海高校(高村祐一校長)が2006年から11年間、生活が苦しいタイ山岳地帯の子どもらに不要になった古着や生活用品などの物資を送っている。生徒たちは「貧しい子どもたちが少しでも幸せになってほしい」と話す。


物資が届けられるのはタイ北部のチェンライ県チェンライ市の山岳地帯で、現地の少数民族の生活は楽でない。学校寮を建設し、運営するなど教育を中心に支援している非政府組織(NGO)を通じ、園児から大学生までの寮生や住民の手に渡っている。

同校の活動のきっかけは01年3月。発展途上国を理解しようと、同校が生徒を連れて同地区周辺のタイ北部山岳地帯を訪れ、NGOのボランティア活動に参加した。その後も教師が現地を訪れるなど関係が続き、06年からNGOを通じて生徒会を中心に、物資支援が始まった。

生徒会は毎年1月から2月にかけて、不要になったジャージーやペン、食器などを生徒から募り、仕分けした上で現地に送る。昨年は段ボール4箱分が集まったという。

現在は2月10日まで物資を集めており、放課後には生徒会役員が校内で協力を呼び掛けている。

2年生の三春希和(きわ)さん(17)は「使わないのなら、必要としている人に渡したい」と、歯ブラシなどの日用品や縫いぐるみを持ち込んだ。生徒会長で2年生の川上舞衣さん(16)は「自分たちの支援で貧しい子が幸せになってほしい」と思いを語った。 (斉藤明成)

最近の記事

全国・世界のニュース

2017 年
 10 月 18 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス